HOME >シュミレーション

シュミレーション

住宅ローンの借り換えを検討する場合には、一度実際にどれくらいの返済額に変更することが出来るのかなど、実際に計算することが出来るとイメージがわきやすくていいですよね。住宅ローンを借り換えする際に、便利なのがインターネット上でシュミレーションできるサイトです。インターネット上で借り換えシュミレーションといったように検索をしてみると、シュミレーションを自動計算で出来るサイトがありますから、そちらに自分が今返済している額を入力して、借り換え後の金利を入力すると、総支払額がわかったりどれくらい期間が短くなるのかが手軽に計算できますからイメージがわかりやすくていいでしょう。

住宅ローンの借り換えは低金利になったから色々な面で、減るということが漠然とわかっていても、実際のところ1ヶ月の支払いがどれくらいに減るのか、総支払額がどうなるのかなどを知ることはなかなか難しいですね。そのために具体的な数字を把握するためにも、住宅ローンの借り換えのシュミレーションをチェックしてみるといいのです。

住宅ローンの借り換えでどの位ローン負担が減少するかの確認には、各金融機関のウェブサイトで、借り換えシミュレーションができるので、試してみることをお勧めします。

シミュレーション方法は簡単で、現在のローン残高、残り返済期間、借り換え後の金利等ををウエブ上にあるフォーマット入力すれば、年間返済額の差額が算出されます。

住宅ロンの借り換えは、新規に住宅ローンを組むことになるので、諸経費がかかります。

保証料を含めると100万円近くになることもあるので、住宅ローン借り換えシミュレーションを行ってこの諸費用の分の支払い考慮し、なおかつ少々面倒な借り換え住宅ローンの契約をおこわないといけません。

ただ、借り換えシミュレーションは、変動金利の住宅ローンの場合では、あくまでも仮定利子設定なので、シミュレーションより返済額が減少したり又は、増加する危険もあります。

この住宅ローン借り換えシミュレーションを利用し、必須事項を入力し、抵当権の再設定、保証料などにかかる諸費用等を算出することで、自分の住宅ローンの概観をより深く理解できます。

また、住宅ローンシミュレーションでは、これまでのローンの固定金利期間を変更したり、毎月の返済額も現在の家計の状況に応じて入力して算出できるので、金融機関の窓口に借り換え相談に行く前に、1度試しておくと、実際に借り換えする場合に適切は判断ができ、失敗しなくて済むと思います。 

NEXT→ | 住宅ローン借り換えのチェック