HOME >借り換え審査

借り換え審査

住宅ローンの借り換えは、新規に住宅ローンを借りることになるので、当然ながら借り換え先金融機関の審査が必要になります。

住宅ローン融資を含め、金融機関の融資審査基準は、各金融機関で微妙に異なり、明確な審査基準は公にされていません。

ただ、大まかな審査項目は、年収や契約者の年齢、健康状態、会社の勤続年数や会社の規模、扶養家族の状態等です。

この審査項目で一番重要視されるのは、借り換える方の所得です。

借り換え時に住宅ローンの返済能力がどのくらいあるのかが、先ず住宅ローン借り換えの審査の対象となります。

更に、契約者の勤務先や勤続年数、そして、勤め先会社の経営状態も借り換え融資のの審査内容と言われています。

転職の多い方や経営状況が悪い会社にお勤めの方は要注意です。

更に、クレジットカードの借入れ状況や保有枚数も審査項目です。

クレジットカードでの借入額が問題になるのは分かりますが、あまり多くのクレジットカードの所持やクレジットカードを利用して頻繁に借入れを行い返済が滞ったことがあれば、住宅ローンの返済にも問題が生じる可能性があるとして審査基準に抵触することもあります。

また、住宅ローンの借り換えでも団体信用生命保険への加入が義務付けられていることが一般的ですが、借り換えの時点で健康面に問題があり加入ができず、住宅ローン借り換えが行えない場合もあるので注意してください。

NEXT→ | 借り換え手数料