HOME >借り換えデメリット

借り換えデメリット


住宅ローン借り換えデメリットを抑えておきたいポイントとは?

住宅ローン借り換えデメリットを考えたことがありますか?正直なところ、あまり深く考えずに「金利が安くなったから」と
安易に借り換えをしてしまう方が大勢見えます。したがって、ここでは住宅ローン借り換えデメリットについて紹介したいと思います。

そもそも、何故借り換えをするのか?ですが、先に記載したように金利が安くなったため支払総額を減らすことができる。
というのが最たる例でしょうか。他にも月々の返済額を減らしたい、金利の変動制から固定制に変えたいなどがあります。

さて、デメリットですが一見、ローンの支払総額を減らすことができる金利変動だったとしても実は「減っていない場合」があるのです。
それが「手数料関連」です。住宅ローンの借り換えを行うために、実にさまざまな手数料が必要となってきます。
例えば、保証料・印紙代・ローン手数料・金額繰上返済手数料などが挙げられます。これだけでも、数十万となってしまうため
金利が下がったからと言って安易に変えた場合、金利分の減額金よりも手数料の方が多くなってしまい、結果、損をしてしまった。
という方は、多く見えます。このようにしっかりと「ローン借り換え」のことを知ってから行いたいものですね。

もちろん、上手に借り換えを行うことができれば大幅な支払総額の減額が望めるので「あくまで安易にしない」ということです。

NEXT→