HOME >同じ銀行で住宅ローンの借り換え

同じ銀行で住宅ローンの借り換え


同じ銀行で住宅ローンの借り換えができるようになっている!?

昨今、銀行の住宅ローンの借り換えに対する意識が変わってきているのをご存知でしょうか?

今の世の中、不景気や人口減少などがありマイホームを持つ家庭が少なくなってきています。ということは、当然、
住宅ローンを組む方が少なくなってきたということです。銀行にとっては死活問題で、いかにして顧客を確保するか?が
大きなテーマとなっています。分かりやすいところで言えば「金利を低くする」などです。

実は、この金利を低くすることによってさまざまな問題が出てしまったわけです。代表的なのが「金利が高い頃にローンを組んだ
お客さんの不公平感」です。これも当然の流れですよね。固定金利でローンを組んだと言っても1%以上も変わってくると
黙っていられない心情は理解できます。そして、取る手段は住宅ローンの借り換えですね。一般的には、同じ銀行での
借り換えは不可とされていますが、実は最近、交渉で意外と「オッケー」になることが多くなってきているようです。
これが、最近変わってきている部分です。銀行からしてみれば、金利が低くなるのは辛いけどよその金融機関に客を
奪われるのはもっとつらい。このような心理が働くわけです。

以上のことから、基本的には同じ銀行での借り換えはNGとしているところが多いけど交渉でなんとでもなるということが
ご理解いただけると思います。

NEXT→